ビジネスで成功を収めた人達に共通する人生経験が幾つかあります。第一に幼少期にお小遣いを自分で稼ぐためにビジネスを始めているということです。これは創業者に多くみられるパターンであり、お金を稼ぐ経験のほかに、市場やニーズを把握し、何をすればお金になるかを自分の頭で考え、行動に移すことで、商売の基本を身に付けているのです。

 第二に人生の恩師と呼べる人との出会いも挙げられます。ビジネスマンの他、スポーツ選手などに多いパターンと言えるでしょう。如何に創意工夫が大切と言っても、一人で考え出せることには限界があります。助言をくれたり、模範を示してくれる人に出会うことは、人生の道筋がつきやすく、大きくプラスに作用するからです。第三にライバルと競い合う経験をしていることもポイントになります。勉強やスポーツにも言えることですが、競争相手との相対評価で自分の現在地が確認できるうえ、身近な目標を設定することでモチベーションが上がり、スキルの向上だけでなく、努力すること自体に楽しさを覚えるという経験ができます。また、多くの選択を自分の意思で決定していることも少なくありません。人任せにするのではなく、自分で選択肢を選ぶ経験を積むことで、決断力に磨きがかかります。仮に意に沿わない結果がでたとしても、自分で判断したのであれば結果も受け入れ易く、次に繋げることができるでしょう。

 人生で成功するためには、必ず大きな選択を迫られる場面に直面します。その時に正しい決断ができるかどうかは、それまでの人生経験が大きく影響するのです。